2006年10月27日

シラタマホシクサ

061021 東山植物園 048.jpg  白玉星草  ホシクサ科

伊勢湾沿岸の湿地にだけ生える1年草。
別名 コンペイトウグサ
posted by どじカメ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

アザミ

061021 東山植物園 013.jpg 061021 東山植物園 026.jpg  薊  キク科

葉は羽状に裂け、縁にとげがある。
種類は日本だけでも60種類もあり、どれもよく似ていて識別困難。
posted by どじカメ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

セイタカアワダチソウ

061016 平和公園 013.jpg  背高泡立草  キク科

北アメリカ原産の帰化植物。 戦後、各地で大繁殖したが繁殖力が強すぎたため
かえって、以前ほど見かけることが少なくなった。
posted by どじカメ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

フウセンカズラ 2

フウセンカズラ.JPG 061019 鶴舞公園 044.jpg  風船葛  ムクロジ科

フウセンカズラ
posted by どじカメ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

ヒガンバナその後

061016 平和公園 004.jpg

花のあとで葉が伸びるが、夏近くなると全く消えてしまう。
花と葉を同時に見ることはできない。 韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶらしい。 
ヒガンバナ(赤) ヒガンバナ(白)
posted by どじカメ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリヅルラン

061017 小幡緑地 022.jpg  折鶴蘭  ユリ科

南アフリカ原産。 延びた枝先(ランナー)の子株の姿を折り鶴に見立てた。
posted by どじカメ at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

ジンジャー 2

061013 名城公園 036.jpg  ショウガ科

インド,マレー半島の原産。 別名:ハナシュクシャ(花縮砂)
晩夏から秋にかけて、背の高い大きな花が咲く。 色は白、オレンジ色など。白い花はいい香りで、くちなしの香りに似ている。
posted by どじカメ at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタドリ

061014 東山植物園 068.jpg  虎杖  タデ科

大きめの葉に白い花が夏から秋にかけて咲く。 写真は実。
茎は太く、春に出始めた茎を生食したり、漬け物にする。 中空の茎を折ると、
ポコンと音がし、食べると酸っぱいので「スカンポ」とも呼ばれる。
小学唱歌の「土手のスカンポ ジャワ更紗」のスカンポは、「スイバ」のこと。
posted by どじカメ at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ヒメツルソバ

061014 東山植物園 052.jpg  姫蔓蕎麦  タデ科

原産地 ヒマラヤ。
posted by どじカメ at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホトトギス

061017 ホトトギス(自庭) 008.jpg 061018 ホトトギス(庭) 001.jpg  杜鵑  ユリ科

日陰の多い我が家の狭い庭でいま満開です。 蕾も花もフシギな形です。 色も独特。
posted by どじカメ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

ワレモコウ

061021 東山植物園 068.jpg ワレモコウ.JPG  吾木紅  バラ科

秋の高原で暗赤色や白いの丸いダンゴのような花をつける。
花は上から下の方へ順に開花していく。
根は乾燥させたものは、地楡(ちゆ)と呼ばれ止血剤となる。
posted by どじカメ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

アメジスト・セージ

061014 東山植物園 045.jpg 061027 庄内公園 065.jpg  シソ科

花の色が、宝石のアメジスト(紫水晶)に似ていることからの命名。
触るとビロードのような感触。 別名 メキシカン・セージ
posted by どじカメ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アシタバ

061014 東山植物園 023.jpg  明日葉  セリ科

今日葉を切り取っても明日はまた若葉が出てくるということからの命名。
伊豆七島,小笠原諸島の海岸に多い多年草。
若葉は食用になる。 別名 ハチジョウソウ(八丈草)
posted by どじカメ at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

ベンケイソウ

061014 東山植物園 015.jpg  弁慶草  ベンケイソウ科 

切り取って暫くおいてもしおれないほど強くて丈夫。 これを弁慶に例えた。
別名 イキクサ(活き草)
posted by どじカメ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマギク

061014 東山植物園 024.jpg  浜菊  キク科

日本原産。 主に太平洋側の海岸沿いに生える。
葉っぱが段々になっているのが特徴。
posted by どじカメ at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

秋のオジギソウ

061013 名城公園 077.jpg 061019 鶴舞公園 056.jpg  お辞儀草  マメ科

オジギソウ(花)
posted by どじカメ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アゲラタム

061013 名城公園 061.jpg  キク科

中アメリカ地方原産。 別名 カッコウアザミ(郭公薊)
夏から秋にかけて、紫や白などのもじゃもじゃ状の花が咲く。

posted by どじカメ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ウイキョウ

061004 二の丸庭園 041.jpg  茴香  セリ科

地中海沿岸原産。 果実は香りが強く,薬用・香味料として使われる。 
消化を助け、口臭を消す薬効あり。 別名 フェンネル
posted by どじカメ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヌスビトハギ

061004 二の丸庭園 019.jpg  盗人萩  マメ科

夏にピンク色の萩に似た花が咲く。 秋に実がなるが、その形が盗人の忍び足の足跡に似ておりこの名になった。  その実は服につきやすい 。
posted by どじカメ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

セージ

060930 農業文化園 019.jpg 060831 御用水跡街園 043.jpg  シソ科

大きく分類するとサルビアの一種。 地中海沿岸原産。 白、赤など色々。
サイモン&ガーファンクルの名曲「スカボローフェア」に出てくる。
posted by どじカメ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。