2006年06月30日

ルドベキア

060623 茶屋が坂公園 023.jpg  キク科

北アメリカ原産。 花は大小あり、いろんな種類がある。
posted by どじカメ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

オキシペタルム

060613 千種公園 023.jpg  瑠璃唐綿  ガガイモ科

ブラジル・ウルグアイ原産の多年草。 別名:ブルー・スター 花は最初淡い青色
ですが、だんだん青が濃くなり,老化すると桃色や淡紫色になる。
posted by どじカメ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポーチュラカ

060612 千種公園 015.jpg  花すべりひゆ  スベリヒユ科

ブラジル原産。 暑ければ暑いほどよく繁る。 色がさまざまあって美しい。 松葉牡丹よりも葉が大きい。
posted by どじカメ at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

マトリカリア

060601 水道道緑道 018.jpg  夏白菊  キク科

ヨーロッパや北アメリカなどでは野生化している多年草。
posted by どじカメ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

ヤブガラシ

060617 千種公園 047.jpg  薮枯らし  ブドウ科

蔓で他の木などに這い昇って繁茂する。 這い昇った木を枯れてしまうところからこの名前に。 地下茎で繁殖する。 別名:貧乏葛(ビンボウカズラ)
posted by どじカメ at 05:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ナツツバキ

060618 キョウチクトウ ほか 044.jpg  夏椿  ツバキ科

葉も花もツバキのように厚ぼったくなく冬には落葉する。
「沙羅双樹」とか「沙羅の木」(しゃらのき)と呼ばれるが、全く別の熱帯樹。 幹がつるつるしていてサルスベリに似ているため、サルスベリと呼ばれることがあるがこれも別物。 紛らわしい。
posted by どじカメ at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギボウシ

060621 千種公園 002.jpg  擬宝珠  ユリ科

花のつぼみが、橋の欄干などにある玉ねぎをさかさまにしたような装飾物・擬宝珠に似ていることからこの名になった。
posted by どじカメ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒメヒオウギズイセン

060618 キョウチクトウ ほか 055.jpg  姫檜扇水仙  アヤメ科  

南アフリカ原産。 別名 モントブレチア  
posted by どじカメ at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

キョウチクトウ

060609 千種公園周辺 042.jpg  060618 キョウチクトウ ほか 030.jpg

060618 キョウチクトウ ほか 014.jpg  060618 キョウチクトウ ほか 063.jpg

夾竹桃  キョウチクトウ科   インド原産。 江戸時代に中国経由で渡来。
葉が竹の葉のように細く、花が桃の花に似ているところから、この名に。
posted by どじカメ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クチナシ

060619 千種公園と周辺 090.jpg  060618 キョウチクトウ ほか 004.jpg  梔子  アカネ科
一重咲き(花期もお終いです)       八重咲き

秋のキンモクセイ、早春のジンチョウゲと並び香りのよい花木。
実は栗きんとんなどの色付けに使われたり,薬用としても使われる。
碁盤の足のことを“くちなし”というのは,その形が似ているから。
八重咲きものは実がならず、 実の口がひらかないところから”口無し”。

   クチナシや 鼻より下は すぐにアゴ (笑)
posted by どじカメ at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンネングサ

060619 千種公園と周辺 061.jpg  万年草  ベンケイソウ科

晩春から夏にかけて、黄色の星形の鮮やかな5弁花をつける。
「ツル万年草」「マルバ万年草」など多くの種類がある。
写真は、「メキシコマンネングサ」。 メキシコとあるが、原産地不明。
posted by どじカメ at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ペア・ウオッチ?

060619 千種公園と周辺 013.jpg  トケイソウ(時計草)  トケイソウ科

ブラジル原産。 英名はパッション・フラワーで,雄しべの花柱をキリストに,副花冠を後光にたとえたもの。 南アメリカでスペインの宣教師たちが発見したときの印象から名付けられた。(パッションは、キリストの受難のこと)
posted by どじカメ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

クレマチス

060620 荒子川公園 013.jpg  キンポウゲ科

日本にはテッセンと呼ばれる在来種がある。 中国原産。
6枚ものが「テッセン」、 8枚ものは「風車」といい、「クレマチス」はこの総称。
「テッセン」(鉄線)は、つるが細くて丈夫で針金のようであることから。
posted by どじカメ at 06:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

ノウゼンカズラ

060620 荒子川公園 056.jpg  060620 荒子川公園 055.jpg  凌霄花

中国原産  平安時代に渡来  つるでどんどん伸びていく  ノウゼンカズラ科
江戸時代、貝原益軒が「花上の露目に入れば目暗くなる」としたため有毒の花というイメージが あるが実際には毒はない。  この人、土用のうなぎといい、何かと物議をかもす人です。    (荒子川公園)
  
posted by どじカメ at 05:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラベンダー

060620 荒子川公園 002.jpg  060620 荒子川公園 070.jpg  060620 荒子川公園 038.jpg  シソ科

地中海沿岸原産  有名なハーブの一つ  芳香あり。
富良野のラベンダー畑には負けますが、当地(荒子川公園)にもありました。
posted by どじカメ at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

ビワ

060609 千種公園周辺 020.jpg  枇杷  バラ科

晩秋には白い地味な花をつける。 葉は厚くて固く、薬用になる
桃栗3年 柿8年 ビワは9年でなりかねる 梅はすいすい13年 
ナシのバカ者18年 ユズの大バカ30年   地方により言い方は違うようです。
posted by どじカメ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

マテバシイ

060607 千種公園 061.jpg  全手葉椎  ブナ科

全手葉椎や白樫などを総称して「樫類」と呼ぶ。  
実はどんぐりになる。(写真の左の方で背比べしてます)
posted by どじカメ at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ユリスイセン

060616 茶屋が坂公園 037.jpg  百合水仙  ユリ科

豊富な色あいの花が咲く。 花びらの斑点が特徴でめだつ。
別名:アリストロメリア
posted by どじカメ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオイヌノフグリ

060614 茶屋が坂公園 065.jpg  オオイヌノフグリ 花.JPG ゴマノハグサ科

ヨーロッパ生まれの帰化植物。 かわいらしい花の大きさは5 mm くらい。 2年草。
どうしてこんな可憐な花にこんな気の毒な似合わない名前が付いたのか?
2個くっついた実の形が、犬のフグリ似ているからとか。 「フグリ」って?

犬ふぐり 星のまたたく 如くなり    高浜虚子
posted by どじカメ at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレオメ

060614 茶屋が坂公園 047.jpg 060614 茶屋が坂公園 011.jpg フウチョウソウ科

草丈はかなり高く、華やかな印象の花です。 別名:セイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)
posted by どじカメ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩 草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。